Img_c256583403f8c19187c5be1c8e6a0d00
去る7月31日、新写真集が発売されました。
Img_58fe8d31f1970226df571ec0e2e1d3da
5月末。編集者の方との打ち合わせ風景。15万枚の中から写真を選び、更にそこから、ストーリーに合う写真のみを選び出す。そこに詩と文とを、添える。
Img_1c8b9e6fa2683d188cc70aa7d2c0894c
7月末。書店に並ぶ。左が川島小鳥さん、右はアラーキーさんと並んで。写真はブックファースト銀座コア店さまにて。ここは前作『てるてるはるひ』発売時、マドギャラリーにてパネル展をして頂いたところ。
Img_393b576136b36f991e26575a7aadf8c6
ポストカードができる。ポップも書いて。隣に、『てるてるはるひ』も並ぶ。
Img_014591b3a3cb1b16b3e529817122188d
パネル展示をして下さる。詩も展示。写真はジュンク堂池袋本店さまにて。ジュンク堂さまでは全国50店舗近くで販売中。
Img_4a2c47c4ba9679667578333b9be0a8e9
写真家を目指す父さんが撮った、父さんと子どもたちの、4年間のその記録。
Img_4450b05df8078fff3d0cd25f4a0d5c9f
写真は撮る側の気持ち、撮られる側のこころを、うつし出す。
Img_acbe41118f354b7c12754a3100d5d051
夢を見ることは、大切なこと。
Img_514281d710a833b52dc1341692e8125f
家族とともにあることは、普遍的なこと。
Img_b0e8b713f647467c9ced1d82d0320674
だから父さんは、君たちをうたう詩人、君たちをうつす写真家で、ありたい。

*『フォトテクニックデジタル』さま9月号(玄光社/8月20日発売)の新刊コーナーで、拙著が紹介をされました。
*雷鳥社のホームページ、ツイッター、フェイスブックなどの表紙にして頂いています。
 (Click!) 
 (Click!) 
*取り扱って頂いている書店さまは、ブックファースト・ジュンク堂・紀伊国屋・リブロ・ヴィレヴァン・あゆみブックス・蔦屋・喜久屋・くまざわ書店・他全国各書店さまになります。
 (Click!) 
*アマゾン他、各種ネットでの販売も行われています。
 (Click!) 

お便りやお言葉を頂いた方々に、深く御礼を申し上げます。
人気ブログランキングへ

Comments

キリ | 08.26.2015 13:32
チョット前に購入しました。
書店で手に取りパラパラめくるうちに、目頭が熱くなり困りました。
撮り続けください、また素敵な写真集ができるのを楽しみにしています。
石川厚志 | 08.26.2015 22:27
キリさん、お久しぶりです。長くブログを休んでいて済みません。写真は撮っているので、ブログは遡って写真をアップするかも知れません。写真集ご購入頂き、まことにありがとうございます。前作が夢物語とすると、新作は生活写真かも知れません。共感して頂いて、とてもうれしく思います。子どもが成長しても、撮り続ける所存でいます。自分が床に就いたら、そこから写真を撮るつもりです。
じゅん* | 01.27.2016 08:33
こんにちは。
ずいぶん前に一度コメントをさせて頂いたことがあるのですが...
お久し振りです。
とっても遅くなってしまいましたが
先日写真集、購入させていただきました。
子供たちへの優しい眼差しと穏やかな空気感に
心から癒されます。
ありがとうございます。
石川さんはデジタルで撮られているんですよね?
フィルムのような落ち着いた写り、
私も模索しているのですがなかなかできなくって(汗)
コツとか、あるんでしょうか?
写真集の中の廃校、あれは埼玉県ですよね?
私は埼玉県在住で、桜を撮りに行ったことがあります。
もしかしてご近所だったり!

私は40歳を超えたただの主婦ですが(笑)
写真を撮り続けたい、仕事にしたいという
とんでもない、秘密の野望があります(笑)
でも、石川さんの写真集を読ませていただいているうちに
50歳になっても60歳になっても、夢は持ち続けていいんだって
そう思わせていただくこともできました。

これからもお写真、御活躍、とっても楽しみにしています。
石川厚志 | 01.27.2016 22:04
拙著をどうもありがとうございます。
こころより感謝をいたします。

フィルムによく間違えらるのですが、
今はデジタルで撮っています。

コツというのは分からないのですが、
明るいレンズで開放で撮っています。

分校は埼玉でさくらがきれいなところです。
お近いのでしょうか。

夢を追うのは大切なことと考えています。
なぜなら夢を追うことで、
それが実現するかも知れないからです。

逆にいえば駄目と思ったら、
それに向けてもう何もしません。
何もしなければ夢はもう実現しません。

お互い夢を追いがんばりましょう。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする